環境の良い人気観光都市

家族連れにもおすすめ

婦人

日本からシンガポールへの飛行時間は約5時間です。
成田空港や関西空港などからは、シンガポールへの直行便が複数運航されています。
シンガポールへの旅行は、ツアーに参加するという方法が最も手軽です。
ツアーはガイドや観光が付いているものと、往復の飛行機とホテルだけがセットになっているパッケージタイプのものの2種類があります。
シンガポールで人気の観光地は、シンボル的なマーライオン、先進型リゾートのマリーナベイサンズ、熱帯の動物が見られるナイトズー、有名なテーマパークなど様々なものがあります。
ツアーでは、シンガポールの人気観光スポットや大型免税店を巡るものが人気です。
シンガポールは、街並みがきれいな都市として知られていますが、ホテルや鉄道などのインフラも整備されているので、快適に観光を楽しむことができます。
シンガポールは、様々な人種の人が生活しているので、アジア各地の様々なグルメが楽しめるという魅力もあります。
東南アジアならではのトロピカルフルーツやエスニック料理、本格的な中華料理などが特に人気です。
ツアーには、アジアン料理のバイキングなどが付いているものもあります。
シンガポールは、小さな島国ですが、観光素材が豊富なので、家族連れやシニアにも人気があります。
熱帯に位置しているので夏のような気候が1年中続きます。
日本が寒い季節に、少し長めにシンガポールに滞在するツアーも人気です。
インターネットの旅行情報サイトには、シンガポール行きの様々なツアーが掲載されています。

旅行中のスケジュール

女性

短期間の旅行先としてアジアへと旅行へ出かける方は多いのですが、その中でも人気があるのがシンガポールです。
シンガポールは東京23区ほどの大きさの都市国家で、3日から4日ほどあればすべての観光地を一巡りできます。
公共交通機関も発達しているので、移動に手間取ることもありません。
シンガポールに旅行で向かうときに、お得で便利なのが旅行代理店の用意しているツアープランです。
個人でチケットやホテルの予約を取る手間もかかりませんし、値段も手頃で利用しやすいツアーです。
です。
初日に飛行機でシンガポールへと向かいその日はホテルで1泊し、翌日から観光という流れになります。
2日目は現地係員の案内を受けながら、シンガポールの各観光地を巡りランチを食べるといったスケジューつです。
3日目は自由行動の日になっていることが多く、終日シンガポールで自分の思い通りに行動ができます。
買い物や食事を楽しんだり、前日には行けなかったところを訪ねるなど、好きなことをして楽しめるでしょう。
この後の日程はプランによって違いがあり、3日目の深夜便の飛行機に乗り込み機内泊をして4日目に当たる早朝に日本に到着するというものと、翌日の4日目に飛行機に登場して帰路につくというものがあります。
また、シンガポールツアーには低予算でも利用できるようにと、格安で終日自由行動になっているプランもあります。
自分で自由にあちこちと移動してみたいという方はこちらを選択するといいでしょう。

旅行前の準備と心得

飛行機

豪華なリゾートホテルが作られたことにより、数多くのシンガポールツアーが企画されるようになりました。
シンガポールには、動物園やアクアリウムなど沢山の見所があります。
また、大人向けの遊び場としてカジノやバーなども充実しています。
このようにシンガポールには魅力的な観光スポットが沢山あるため、何度訪れても飽きることはありません。
家族連れで楽しめるのも人気の理由の一つです。
シンガポールツアーに参加する場合、事前の入念な準備が重要になります。
これは、トラブルを未然に防いで楽しい旅行にするためにも必要なことです。
まず最初にすべきことは、旅行保険への加入です。
多くの場合、旅行保険は旅行会社で取り扱いが行われています。
もしもの時に役に立つため、加入しておくと安心です。
次に、申し込むツアーの選び方についてです。
シンガポールツアーは、取り扱っている旅行会社や価格帯によって内容が大きく異なってきます。
そのため、旅行中にどのようなことを体験したいのか事前によく話し合ってから選ぶようにします。
また、ホテルについてもグレードが選択できるようになっているため、予算に応じて決めることが大事です。
シンガポールツアーの中には、日程が完全フリーのものもあります。
これは航空券とホテルのみが決まっているツアーのことで、日中の行動は自分たちで自由に決めることができます。
特に予定を決めないで現地で気ままに行動したいという場合に適しています。
何も知らないと現地で迷う可能性が高くなるため、フリーツアーを選ぶ場合にはあらかじめシンガポールの基本的な情報を収集しておくようにします。